【スプラトゥーン2】AIM練習に対する考えがスプラ界だけ変わっているって話【立ち回りを考えたい人ほど鍛えるべき】

みなと

皆さんこんにちは
指導実績400人以上
コーチングのプロ”みなと”です

今回は少し小話になります
「AIM練習の考え方」が
スプラ界”だけ”特殊なんですよね

AIM練習に対する考えがスプラ界だけ変わっているって話

スプラ界では「AIM練習なんて必要ない!」という意見も多い

ぼくからすると本当に不思議な話なんですが
スプラ界ではしばしば
「AIM練習なんて意味がない!」
という意見を聞きます

実はそんなこと言ってるのって
スプラ界だけなんですよね...

今世界的にe-sportsとしてにぎわっている
Valorantなんかでも
トッププレイヤーは辺り前のように
AimLabやBot撃ちのように
「静止してる的をただ打つだけの練習」をしています

この動画を見てわかる通り
ただ的を撃ってるだけです
そう、本当にただそれだけの練習です

また今芸能人までも巻き込んで大流行している
APEXにおいても、AIM練習の動画は
非常に関心を集めやすいです

「AIM=必要不可欠なもの」
という認識が非常に高いのが伺えます

止まってる的に当てれない人が
動いてる敵に実戦で当てれる訳がない

というのがFPS界での常識です

重要度は他ゲーよりは確かに低い

確かに「塗り」というのがゲームの特徴なので
他のゲームよりも重要度がやや低いのは否定できません
また、リコイル制御がないのもそれを助長していますね

ただ、結局スプラトゥーンも
「敵と撃ち合うゲーム」であることには
変わりありません
「AIMが重要でない」なんてことは
まずありえないと断言できます

「実践的ではない」という反論

よくある「AIM練習否定派」の意見として
「実践的ではない」というものがありますが
これはまず見当違いです

AIM練習と違い、実践では
色々な要素が入り乱れます
その為、沢山のことを
同時に考えないといけなくなり
AIM練習通りのAIMを発揮するのは
中々難しくなるのは当たり前です
しかし、だからこそAIM練習は重要なんです

沢山のことを考えてるのに
そこに「敵を狙って打つ」という動作を
更に意識すると完全に情報過多でパンクします
キャラコンについても同様です
「壁をのぼる」「敵インクを避ける」
こんなことを一々考えてたら
まわりなんて見る余裕がありません

これらの
「敵を狙って打つ」
「壁をのぼる」
「敵インクを避ける」
といった1つ1つの動作を
反射的に、無意識に行えるようにする為に
AIM練習やキャラコン練習が必要なんです

考える余裕を作る為にも
こういった単純な反復練習が必須だと言えます

「立ち回りを考えたい人」ほどAIMキャラコンを鍛えるべき

AIM、キャラコン練習の目的の1つが
「考える余裕を作るため」という風に言いましたが
つまり、立ち回りを考えたい人ほど
無意識レベルでAIMキャラコンができないといけない訳です

一々足元のインクに気を取られたら
次の動きなんて考えることもできないし
いくら考えた作戦も実行もできないですからね

まずはAIMキャラコンを徹底しましょう
そして、思考とプレイに余裕を作って
敵の動き方、味方の位置、自分の行動を
しっかり考えていくようにしましょう

どうしてもこの順番が逆になる人が多いです
この記事を読んだ方は
是非一度考え直してみてはいかがでしょうか

参考 ゆと式AIM練習 参考 ゆと式キャラコン練習

スプラ3まで基礎を徹底したい方は...

オンラインサロンSEPをオススメします
「クリアリング」「AIM」「キャラコン」など
スプラでは詳しく説明してくれない
「上手い人にとっての常識」を一から確認し
丁寧に練習していくという試みを積極的行っています

AIM、キャラコンに関しても
オプションの利用でぼくが直接コーチングさせて頂きます
スプラ3までにしっかり操作の基礎を仕上げたい!
なんて方はぜひ検討してみてください