【スプラトゥーン2】eスポーツの世界的トッププロから学ぶジャイロ感度のオススメ調整方法!【めちゃくちゃオススメです】

みなと

皆さんこんにちは
指導実績400人以上
コーチングのプロ”みなと”です

先日、素晴らしい感度調整方法を知ったので
それをスプラ流に置き換えて紹介します

こんな人にオススメ
  • 感度の合わせ方がわからない
  • 自分に合った感度を探したい

eスポーツの世界的トッププロから学ぶ
ジャイロ感度のオススメ調整方法!

元ネタの紹介

こちらのTenZというプレイヤーですが
先日、プロチームの移籍金として
125万$(約1.37億円)で合意したという
世界でもトップレベルのプロです

参考記事:SentinelsがCloud9よりTenZの買収を完了、移籍金は数億円規模へ

勿論、合う合わないはあると思いますが
このレベルのプレイヤーがやってる事を
真似してみる価値は大いにあると思います

実際のやり方

概要
  • メモを用意しましょう
  • 射撃練習場でやります
  • 「感度の比較」を行う方法です

さて、まずメモに

-5  0  +5

という数値を書いてください
そして、まず射撃練習場で
「-5」と「+5」を比較してみましょう
立ち止まって打ったり歩いて打ったり
キャラコン混ぜて打ったりと色々試してみてください

そして、「やりにくい」と感じた感度を消します
ぼくの場合は「+5」の方がやりにくいので「+5」を消します
するとメモの数値はこうなります

-5  0

次に、-5と0の中間となる数値を書き込みます
今回だと「-2」がこれに当たります
(0を含めてるので-2です。引き算しないように注意)
するとメモの数値はこうなります

-5 -2 0

今度は、「-5」と「0」を比較してみましょう
先ほどと同様、色々な打ち方をしてください
そして、同様に「やりにくい」と感じた感度を消します
ぼくの場合は、「-5」を消したのでメモの数値はこうなります

-2  0

次に、-2と0の中間となる数値を書き込みます
今回だと「-1」がこれに当たります
するとメモの数値はこうなります

-2 -1 0

これまでと同様の流れを試してください
ぼくの場合は「0」を消したのでメモの数値はこうなります

-2 -1

こちらも同様にすると、「-1」が消え
残されたのは「-2」と「-1.5」だけになりました
で、最後も比較してみると残ったのは「-1.5」です
これがぼくの適正感度となりました

感想:めちゃくちゃしっくりくる

この方法をマウスAIMでも
ジャイロAIMでも試してみましたが
今までで一番しっくりくるAIMの決め方
ってのが個人的な感想です

痒い所に手が届くような
そんな感覚を覚えています
ぜひこれは皆さんにオススメしたいですね

「感覚」を正確にするために

同じコンディションで比較する
ってのが大事になると思います

  • 1日でやりきってしまう
  • 体の使い方を変えない

ってあたりが
ポイントになるかなと思います
そういう意味でも
ぼくが提案してる「ゆと式AIM練習」と
とても相性が良い決め方じゃないかなと思います
もし興味ある方は是非導入をオススメします

参考 ゆと式AIM練習

一般論もチェック

一般論も併せてチェックしておきましょう
感度を考える上で大事なのが
「感度の高い低いで得意な距離が違う」
ということです

次の画像を見てください

距離と角度

 

自分が赤、青が敵とします
自分の正面の敵が
左に同じ距離だけ移動したとして
敵との距離感が近いか遠いかで
AIMを動かす角度が変わるんですね

距離感とAIMの動かす距離の関係性

近距離はより大きくAIMを動かす必要があって
遠距離になるほど動かすのは小さくなります

感度が高いと大きく動かすのが楽になり
近距離がAIMしやすくなりますが
遠距離のAIMがブレやすくなります

逆に、感度が低いと大きく動かすのが大変になり
近距離がAIMしにくいですが
遠距離はAIMがブレにくいのでやりやすいです

この特徴はしっかり覚えておきましょう

まとめ
  • 近距離⇒AIMを大きく動かすことが多い
  • 遠距離⇒AIMを小さく動かすことが多い

実際の感度の目安

以上のことから

  • 前衛:3前後
  • 中衛:-3~3
  • 後衛:0以下

辺りが目安になるかなと思います

前衛

前衛ブキっていうのは
必然的に近距離戦闘が
発生しやすくなります
つまり、視点を大きく動かす頻度が
他のブキより多いわけですね

なんなら120度とか
視点を動かすこともよくあります
その為、ある程度感度が高い方が
咄嗟の動きに対応しやすいんですね

ので、3を基準に調整してみると
良いかなと思います
勿論適正射程にもよりますが
大きくAIMを動かすことが多い武器は
基本的に少し高めの方がやりやすいですね

中衛

中衛ブキっていうのは
ミドルレンジでの打ち合いが発生しやすいです
しかし、比較的前に出ることもあるので
近距離での打ち合いがしばしば発生します

基本的にAIMのブレは抑えたいですが
ある程度の柔軟さも要求されるポジションです
その為、-3~3あたりが目安になりますね

後衛

後衛ブキっていうのは
基本的に敵を遠くから狙い撃つことが多いです
その為、近距離での打ち合いは
基本的に想定しません

チャージャー等をもっている人で
AIMを大きく動かす頻度が多い人は
そもそも立ち回りを見直すべきです

AIMを大きく動かす「ドラッグショット」
は確かにかっこいいですが
「緊急時や咄嗟の時に仕方なしにやる打ち方」であって
頻繁に狙う必要は一切ありません

AIMのブレを無くすことが優先されるので
基本的に感度は0以下ぐらいがオススメですね

特徴を理解して、自分の感度を探そう!

よくあるパターンとして
「〇〇さんが感度これだから...」
と真似することが多いんですが
人によってやりやすい感度は違います

感度の高さによるメリット・デメリットを
しっかり理解して
自分のブキの戦う距離を考えて
自分の苦手・得意を整理して
自分だけの感度を見つけたいですね

結構大事な要素だと思うので
ぜひ研究してみてください